スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

MODO701の小ネタ!

久しぶりのブログ更新です。
今日は、MODO701の小ネタをひとつ。
よく使うツールはショートカットやパイメニューそれからコンテキストメニューを使うといいのですが、それでもモデリングのタブを切り替えるのが面倒なときってありますよね。
MODOは以前からモデリングのタブをshift+クリックすると別ウインドウでタブのツールが開きますので、「基本」タブをベースにしてちょっと使うタブは切り替えずにshift+クリックで開くと便利だと思います。

(ポリゴンのタブをshift+クリックするとポリゴンタブのツールが別ウインドウで開きます。)

またMODO701からは、モデリングのウインドウを左に移動して畳むと、タブだけになります。 タブをクリックすれば、同じようにそのタブのツールを開くことができます。 ノートパソコンなど小さい画面でモデリングしているときなど、ウインドウが広く使えて便利です。 (モデリングウインドウの境界線を左にドラッグ) (タブだけになるので、使いたいタブをクリックすると別ウインドウで開きます。)
この機能は、よく新機能でも紹介されているのでみなさんよくご存知だと思います。
小ネタはここからなのですが、アイテムの数が多くなるとアイテムリストを最大化して作業することってありますよね。 (最大化するには、テンキーの0、またはアイテムリストのウインドウの右上にある斜め矢印のアイコンをクリック。ウインドウの境界線をドラッグしてもいいよ。)
モデリングだけの場合は、この方が多くのアイテムを表示できるので便利なのですが、アイテムのプロパティをすぐに確認、操作できないので不便でした。 (パイメニューなどを使って開くこともできますが) MODO701からは、アイテムリストのアイテムを中ボタンクリックすると、別ウインドウでそのアイテムのプロパティが開くようになっています。 (多分、新機能もしくは機能改善として公表されていないと思います) (Bodyというアイテムを中ボタンクリックしたので、Bodyのプロパティが開いています)
この機能が便利だなと思うのは、アイテムリストを最大化したときだけではなくて、通常のモデリングレイアウトの時にもあります。 サブディビの設定値を変更する場合、画面サイズによっては組み込まれたプロパティではサブディビの設定項目がウインドウに収まらないことがある…