スキップしてメイン コンテンツに移動

Barcelona Couch_01

posterousで先行して記事をアップしていますが、只今Barcelona Couchを作成中。


基本的なモデリングは、ほぼ終了。
シートのクッション部分の構造はBarcelona chairと基本的に同じなので、modo実践チュートリアルビデオ 家具編とほぼ同じ方法でモデリングしています。
ただし、今回はMultiresolutionのテストを兼ねてP-subを使用しています。
通常、シートのシワはバンプかイメージベースのスカルプトを使用します。
それは、メッシュベースのスカルプトでコントロールできるまで再分割するのはあまり現実的とは言えないからですね。

Multiresolutionは、内部的にスカルプト用の高解像度のメッシュを持つことができます。
ですから、実際のメッシュより細かいスカルプトが可能になるわけです。

こちらが、スカルプトしていない状態。Subdivision Level 3。
1600×1066のレンダリングで、54.7sでした。

こちらが、Multiresolutionを使ってスカルプトした状態。Subdivision Level 5、Current Level 5。
同じく1600×1066のレンダリングで、1m 7.1sでした。

この場合レンダリング時間にそれほど大きな差はありませんでした。
しかし、保存時やアイテムリストでアイテムを切り替えたりなどの操作はレスポンスが少し悪くなります。
ただし、スカルプトの作業自体はそれほど重いとは思いません。

また、この画像のようなデフォルトのマテリアルで、シートのみでレンダリングもしてみましたが、この場合はスカルプトなしが、11.0s、スカルプトありが22.6sと倍ほどの差がありました。
倍ほどと言ってもレンダリング時間の誤差を考慮したらきっちり倍ですね。
きっちりした数値で増えてるってことは…。
そこで、スカルプトしていない状態のSubdivision Level 5と、Multiresolutionを使ってスカルプトした状態のSubdivision Level 5、Current Level 3でもレンダリングしてみました。
こちらが、Multiresolutionを使ってスカルプトした状態のSubdivision Level 5、Current Level 3の画像。
正しくは、先ほどのMultiresolutionを使ってスカルプトした状態のSubdivision Level 5、Current Level 5から、Current Levelを3に下げたもの。
シワは弱くなっていますが、スカルプトの効果はあります。
ちなみに、MultiresolutionはCurrent Level 5からCurrent Level 3に下げてもCurrent Level 5の情報が失われることはありません。再びCurrent Level 5に上げればもとのCurrent Level 5のディテールに戻ります。
レンダリング時間は、スカルプトしていない状態のSubdivision Level 3とほぼ同じでした。
また、スカルプトしていない状態のSubdivision Level 5のレンダリング時間もMultiresolutionを使ってスカルプトした状態のSubdivision Level 5、Current Level 5と同じでした。
と、言う訳でMultiresolutionを使ったスカルプト自体がレンダリングに影響することは、基本的にないようです。
影響するのは、内部分割の密度(解像度)のようです。

では、どう使うか…。
このような家具は、アップになる場合は細かいシワのディテールが欲しいのですが、
遠景になる場合はあまり細かいディテールは必要ありません。
なので、一応高解像度でスカルプトしておいて、遠景になる場合はCurrent Levelを下げるというのはどうでしょうか?
要するに必要とされるであろうMAXの解像度でスカルプトしておいて、あとは必要に応じてCurrent Levelでコントロールすれば、いいというわけです。
(Current Levelを上げ下げしてもスカルプトのディテールが失われることはありませんが、Subdivision Levelを変更したりSDSをオフにするとスカルプトの情報が失われるので注意してください。)

と、いうわけで、Multiresolutionはなかなかおいしい機能だと思いませんか。

コメント

  1. お疲れ様です。綺麗な仕上がりですね。素晴らしいです。マルチレゾリューションメッシュの機能を使っていただいてありがとうございます。マルチレゾリューションの内部ポリゴンは、漢字の田の字のようにレゾリューションレベルが1つあがるたびに四分割が繰り返されます。ポリゴンを実際に分割するよりも遙かに効率的ですが、レベルを上げると四のべき上で内部ポリゴン数が増えていきますのでレベルのあげすぎにご注意ください。

    返信削除
  2. tazeeさん、いつもお世話になっています。
    今の時期は比較的時間があるので、いろいろ試してみようと思っています。
    マルチレゾリューションの使いどころとシワを入れるコツも徐々にわかってきました。
    これからは、かなりの頻度で使わせて頂くと思います。
    分割レベルは、だいたい5ぐらいがストレスを感じす作業ができて、なおかつ細かいディテールの表現もできていいのではと思っております。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。