2016/05/31

MAYAのベベルの疑問解決!

エッジベベルはコーナーを切り落としたり、丸めたりとよく使う機能です。
MAYAの場合、ベベルを起動するとビュー内にウインドが表示されすぐに操作できるので大変便利です。このウインドはベベルだけではなく、押し出しやブリッジなど他の機能でも表示されます。
しかしほとんどの場合、ベベルは実寸で適用するのでMAYAの割合でサイズを設定するのは不便だなと感じていました。
ちなみにMODOは実寸のみ、CINEMA4Dは実寸がデフォルトで割合に変更も可能。
MAYAはCINEMA4Dとは逆で割合がデフォルトで実寸での適用も可能。
実寸での適用する場合は適用時にベベルオプションウインドで入力するか、アトリビュートエディタまたはチャンネルボックスレイヤエディタで割合から絶対(実寸)に変更しますが、ビュー内に表示されるウインドでは割合での入力しかできないので不便だなと思っていました。
しかし、ウインドの右上のボックスをクリックすれば表示させる内容などをカスタマイズができるんですね。

これ、今までは知りませんでしたわぁ〜。
設定値のコピペやウインドのサイズも変更可能ですやん。
こりゃ便利だぁ。
ちなみに、MAYAのベベルはなんでデフォルトが割合やねんと思っていましたが、割合でベベルというのも使い出すと色々便利だと思うようになった今日この頃です。

MODOは、こっち方向のベベルもできるようにして欲しいなぁ〜。

0 件のコメント:

コメントを投稿