2011/07/21

OS X Lion

昨夜にOS X Lionがリリースされました。
すぐにMacBook Proにインストール、それから今朝はレンダリング用のMac Proにもインストールしました。
ちなみにOS X Lion対応のmodo501 SP4もLuxologyでリリースされています。
作業用のMac Proも早くOS X Lionにしたいんですが、対応していないソフトもあるので、しばらくは様子を…。

さて、OS X Lionの第一印象は iOSの操作に似ていることかな。
普通、iPhoneやiPadの方が圧倒的に使う時間が長いので、操作は当然パソコンより慣れていますよね。
それならパソコンも同じように操作ができれば、その方がいいわけです。
そんな訳で、Macの新規ユーザーがかなり増えるんじゃないでしょうか。

OS X Lionは250を超える新機能があるらしいですが、主な機能の感想を少し。
マルチジェスチャー
なかなか便利です。特にMission Controlの操作にはマルチジェスチャーが最適ですね。
しかし、マルチジェスチャーを使うにはトラックパッドか最低でもMagic Mouseが必要。
それと、OS X Lionでは、スクロール方向が逆になりました。
これも iOSの操作に合わせられたわけですが、普通トラックパッドでもマウスのホイールでも下方向へ移動すると画面は上にスクロールしますが、OS X Lionでは下方向へ移動すると画面も下にスクロールします。
かなり大胆な仕様変更ですが、よく考えたら下方向へ移動で画面も下にスクロールする方が直感的な気もします。(普通、グラフィックソフトなどは下方向へ移動すると画面も下にスクロールするもんね。)
スクロール方向は、環境設定で従来通りにすることもできますが、OS X Lionの仕様に慣れるようにしようと思います。

ミッションコントロール
実際の使用ではこれが一番便利かな。
実は少し前からデュアルモニターをやめてシングルモニターにして仕事をしています。
デュアルモニターの方が便利に決まっているのですが、ひとつのモニターに集中して仕事をするのも大切だと思ったからです。
実際大きなモニタを2つ同時に見る事はできないわけで、見たい情報がすばやく見る事ができれば1台のモニタでもいいわけです。
しかし、ExposeとSpacesでは、そのようなことは実現できませんでしたが、ミッションコントロールなら実現できそうな気がします。

250を超える新機能があるらしいから気がついたことがあればまた書きたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿