2012/10/01

先週の大きなニュース

もう10月ですかぁ。
あっと言うまに今年も終わってしまいそうな予感です。

先週は、大きなニュースが2つありました。
大きなニュースと言ってもCGやっていない人にはあまり興味のない話ではありますが…。
まず、あの Digital Domain が中国の映画制作会社ギャラピングホースとインドを拠点とするリライアンス・グループ傘下のメディア制作大手リライアンス・メディアワークスに、3020万ドル(約23億円)で買収されたようです。

Digital Domain は、トランスフォーマー、ハムナプトラ3、ベンジャミン・バトン、2012、アベンジャーズなど、超メジャーな映画の映像制作(VFX)を手がける会社なのですが、9月11日に連邦倒産法11章の適用を申請して、事実上破産していました。

ハリウッド映画のCG制作会社はどこもきびしいとは聞いていますが、まさか常に最先端をいくDigital Domainが破産に追い込まれるとは。
CG儲からねぇ〜、ってことでしょうね。

まぁ、Digital Domainのニュースは直接は私には無関係ではありますが、もうひとつのニュースは大いに関係ありです!

英国The Foundry社と米国Luxology社が合併しました。
The Foundry社はVFXソフトウェア開発会社のリーディングカンパニーで、今やVFXには欠かせないNUKEはFoundryの製品です。
こういう優秀なソフトウェアが出てくるとDigital Domainでなくとも高度なVFX技術が使えるようになって、結果Digital Domainは破産に追い込まれていくわけです。
(それだけが理由ではありませんが、大きな流れとしてはそういうわけです。)

また米国Luxology社は、言わずと知れたmodoの開発会社ですね。
この合併は、買収などということではなく協力し合っていくとのようです。

すぐに結果が出るというわけではありませんが、modoの開発においても強化されるようですし、この合併でmodoの注目度もさらにアップするはずです。

CG制作は、1つのソフトウェアですべてを完結するできることはほとんどなく用途に応じてプラグインや他のソフトウェアとの連携が重要になります。
modoの注目度がアップしていろんなプラグインやソフトウェアがmodoに対応してくれると非常にありがたいと思っています。

4 件のコメント:

  1. 日比さん、こんにちは。
    Nukeに関して少し補足させていただきます。Nukeは元々Digital Domainがインハウスで開発し、自分たちの制作のために使っていたコンポジットツールで、2007年にThe Foundry社が開発と販売を引き継ぎました。The Foundry社の製品は、プロダクションの現場で開発されたものが多く、MARIはWeta Digital、KATANAは、Sony Pictures Imageworksが内製ツールとして開発したものでした。

    返信削除
  2. 田崎さん、こんにちは。
    補足ありがとうございます。
    内製ツールはすばらしいものが多いですね。レンダリングのV-Rayなども、もとは内製ツールだったはずです。やはり制作現場との密度が濃いのでしょうね。

    返信削除
  3. 日比さん、
    プロダクションのインハウスツールは、使用する目的がはっきりしているため、現場の要求を取り入れて実践的に使える優秀なツールが数多くあります。その反面、万人が使用可能なパッケージ製品としては、使用するのが難しいものも多く、世の中に出ることがあまりないのが殆どですね。また、パッケージ製品にしてしまうと開発担当者が製品のメンテナンスなどに時間を割く必要がでてくるのも製品にならない要因の一つです。日本でも大手のゲーム会社は、優秀なインハウスツールを開発していますが、パッケージ製品として販売されるケースは希で、販売されても採算が合わずに廃れてしまうことが殆どではないでしょうか。

    返信削除
  4. 田崎さん、
    なるほどです。ん〜、奥が深いですね。

    返信削除