スキップしてメイン コンテンツに移動

Action Center(アクションセンター)03

アクションセンターの話をもう少し進めます。
前回は、「原点」まで書きましたので、「ペアレント」から。
ペアレントは親アイテムのセンター(実際にはピボット位置)に軸ハンドルをセットします。
前々回にこのようなアクションセンターの「エレメント」を使った例を紹介しました。
これは、アームとジョイントがひとつのアイテムの場合です。
アームとジョイントが階層構造になっていて、ジョイントがアームの親アイテムの場合は、アクションセンターの「ペアレント」を使用します。 
こんな感じです。
簡単なアニメーションに使用することが多いですが、プロダクトなどの静止画でもよく使います。
次は「ローカル」です。
「ローカル」は、選択した個々のエレメントまたは、オブジェクト(アイテムではなく)それぞれに対しての軸ハンドルが割り当てられます。
なかなか言葉では説明するのは難しので、簡単な例で説明します。

こんな感じのルーバーを作成するとします。(ブラインドのようなもの)
ルーバーの羽は斜めにしたいのですが、今は水平になっています。
このままルーバーの羽を全体を選択して回転すると当然ですが、このようになっていまします。
なので、ルーバーの羽を1つづつ回転しなければ、ブラインドを閉めるようにはできません。
例えば、ルーバーの羽をインスタンスで複製して、コンポーネントモードで回転させるとか、ルーバーの羽を1つづつ回転させる方法は他にもあるのですが、アイテムを増やさずにサクッと簡単にやってしまいたい時は、「ローカル」が便利です。
軸ハンドルは、一番下の羽のセンターにセットされていますが、各羽のセンターに小さくハンドル軸が表示されているのがわかると思います。
軸ハンドルを回転させると各羽は、各羽のハンドル軸を基準に同じ回転が適用されます。
ひとつづつ同じように回転するというわけです。
これは大変便利だと思いませんか?
主にアイテム内の同じような部分や同じよな形状を回転させたり、拡大縮小させるのに効果を発揮するアクションセンターです。

次にアクションセンター「ピボット」はピボットの位置に軸ハンドルをセットします。
アイテムは「ピボット」と「センター」の2つの位置を持っています。
「アイテム」のタブをクリックしてピボットを選択することで、ピボットの位置をビューに表示することができます。
普通はアニメーションで使うことが多いでしょう。
「ピボットセンター、ペアレント軸」は、軸ハンドルの位置はピボットで、軸ハンドルの方向は、親アイテムの方向に合わせます。
「ピボット」と「ピボットセンター、ペアレント軸」は、簡単なアニメーションを説明する機会があれば、その時に…。
次に、「アイテムワールド」「アイテムローカル」「アイテム親」は、modo601で追加されました。(多分)
modo501までは、アイテムに対してアクションセンターが「なし」の状態では、軸ハンドルの位置がアイテムのセンター(「センター」をセットした位置)軸ハンドルの方向はローカルでしたので、方向をワールドにしたい場合は、アクションセンター「自動」を使ったりしていましたが、modo601からは、アイテムに対してアクションセンターが「なし」の状態では、軸ハンドルの位置がアイテムのセンター(「センター」をセットした位置)軸ハンドルの方向はワールドに変更されました。(階層がない場合)
modo501のように方向をローカルにしたい場合は、「アイテムローカル」を使います。
おそらく、アニメーションの使い勝手を考えた仕様変更だと思います。
はい、今日はここまで!
次回はアクションセンター「自動」です。



コメント

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。