スキップしてメイン コンテンツに移動

フィジカルスカイ・フィジカルサンについて

フィジカルスカイ・フィジカルサンについてのお話を少し。

ディフューズ量86%の白の平面とミラーのボールを置いたシーン。
2014年6月21日12:00 ロケーション・東京の空、かすみ具合は1.0の設定。
まず、これはMODO801のフィジカルスカイ・フィジカルサン。
青みが強い。(空の色は浅いのにシーン全体が青いのは困ります。)
太陽の映り込みがほぼなし。(見た目の太陽の輝度があまりにも低すぎる。)
フォトリアルCG制作には向かないというか無理。

こちらは、Maxwell Renderのフィジカルスカイ・フィジカルサン。
ちゃんと太陽も適度な明るさで映り込んでいるのでよろしい。
空が青くてもシーンは青くない。(こうでなきゃ!)
例えば、サッシなどの金属部にも太陽の映り込みが反映されるので、リアリティがあります。

これは、MODO801のフィジカルスカイ・フィジカルサンですが、フィジカルスカイ・フィジカルサンとも輝度のクランプを外して入力ホワイトレベルを50w/srm2にしています。
地面が明るすぎますが、輝度をクランプするよりは随分まし。
でも太陽はない。クランプ外したんだから見た目の輝度を上げてよ!

MODO801のフィジカルスカイ・フィジカルサンの太陽を下から見上げたアングル。
左上の小さな白が太陽。右下はミラーのボールです。
そら、映り込まんわ!というような太陽。

Maxwell Renderのフィジカルスカイ・フィジカルサン。
やっぱりこれが正解でしょ!

これはMODO801のフィジカルスカイ・フィジカルサンで夕方の6時。
明るさは調整すればいいですが、空と太陽の明るさのバランス、空の色がまったくダメ。
空より太陽が暗く黄色いなんて…。もしかしてPM2.5か?

これは、Maxwell Renderのフィジカルスカイ・フィジカルサン。
いいねぇ〜。

これは、クランプを外したMODO801のフィジカルスカイ・フィジカルサン。
modo601ぐらいまでのフィジカルスカイ・フィジカルサンだともう少しいい色出せたんですけどね、今のは無理。

これも、クランプを外したMODO801のフィジカルスカイ・フィジカルサン。
朝の6時です。
カメラアングルは変えていないので、ミラーのボールに太陽が眩しく映り込んでほしい。

これは、Maxwell Renderのフィジカルスカイ・フィジカルサン。
これこれ、この映り込がないとおかしいでしょ。

MODOのレンダリングまわりはハズレが多い。
最近の大ハズレは、このフィジカルスカイ・フィジカルサンとポータルライトとハイブリッドレンダリングかなぁ。
機能を理解せずに、見よう見まねで搭載してるでしょ。(そうしか思えん。)

そんなこと言いながらも、外観はMaxwell RenderよりMODOの方がはるかに沢山レンダリングしている僕です(笑。
ダメなところがわかっていれば、対処の方法を考えればいいわけですし。
今日はおしまい。

コメント

  1. はじめまして。
    時折拝見させていただいております。

    空の色は Environments>自然科学ベースの太陽>空のガンマで調整できそうです。
    太陽の色は Environments>チャンネルに移って>disCol R,G,Bを10位に上げると白く見えるようです。

    返信削除
  2. mechpalaceさん、はじめまして。
    MODOのチャンネルには、プロパティにない設定がいくつかありこれを操作することで特にレンダリング関連など調整の幅が広くなります。disCol R,G,Bに関してはそれにあたりますね。
    これは太陽の明るさ(可視の明るさ)を調整することが出来るのですが、太陽の周辺の空と連動してくれないのが残念です。太陽が明るくなると太陽の周辺の空もそれに合わせて明るくなるべきだと思います。
    空のガンマ値を下げれば空の彩度は上がりますが、間接光の彩度も上がってしまいます。具体的にシーンがより青くなってしまいますので、ベースシェーダーの入力間接彩度も適度に下げた方がいいと思います。
    そもそも空のガンマ値はただ単にガンマ値を調整するものなので、空の色を調整するにはやはり無理があると思います。微調整ならいいと思いますけど。(やはり出力ガンマを変更する場合に使用するのが本来の使い方なのでしょうね。例えば出力ガンマを1.6にするなら空のガンマ値も1.6にするなど。)
    フィジカルベースで考えると、空の色を調整するには大気中のオゾンガス量の設定項目が必要だと思います。オゾンガス多いと空は青くなり、少ないと黄色くなります。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。