2014/11/01

V-Ray 3.0 for Maya プレビューイベント

昨日は、東京で行われたV-Ray 3.0 for Mayaプレビューイベントに行ってきました。
MAYA版V-Rayのイベントではありますが、今後リリースが予定されているV-Ray for MODOにも基本的に同じ機能が搭載されるので、その点においても非常に参考になりました。

V-Rayは他にV-Ray for C4Dも使用していますが、こちらはChaosGroupが直接開発しているのではなく、オーストリアのLAUBLabがChaosGroupとライセンス契約して開発しています。
このLAUBLabは、開発スピードが非常に遅く本家ChaosGroup製のV-Rayよりかなり遅れたバージョンになっているのが残念です。
ちなみに現在のV-Ray for C4Dのバージョンは1.9bですが、多分V-Ray 2.45コアなので一般的なV-Rayとしては2.0ぐらいだと思います。V-Ray for C4Dのバージョンが2.0になればV-Ray 3.0コアになるので以下の理由から遅れはかなり改善されると思います。

V-Rayは3.0から大きく変わってどのプラットフォームでも共通のエンジン(レンダーノード)になっています。
ですから、基本的にはfor Maya もfor 3ds Maxもfor MODOも同じ性能です。
ただしMaya、Max、MODOなどソフトウェアの性能や構造によって多少の機能差はあります。例えばMayaにあってMaxにない機能も多少ありますし、逆にMaxにあってMayaにない機能も多少あります。
共通のレンダーノードになったメリットは、私がV-Ray for MODOでレンダリングするときにV-Ray 3.0 for Mayaのレンダーノードも使えるわけです。

それでは、プレビューイベントで興味深かった内容を少し…。

『レンダリング速度』
まず基本的なレンダリングスピードですが、V-Ray 2.4 for Mayaよりかなり速くなっています。当然シーンに依存しますが、2倍から4倍ぐらい速くなっているのではないでしょうか。その他にも IntelのEmbree 2のサポート、Probabilistic Light SamplingやMax Ray Intensityなどレンダリングを高速化、最適化する機能が沢山あります。

『Progressive Rendering』
MODOのプレビューは、マウスカーソルのある位置を優先的に画像の精度を上げてくれますが、V-Rayはレンダリングでマウスカーソルのある位置を優先的レンダリンしてくれます。これは3.0新機能のプログレッシブ・レンダリングでも有効です。
早く確認したい部分を優先的にレンダリングすることもできますし、プログレッシブ・レンダリングの場合は、どうしてもノイズの残りやすい部分のサンプルを優先的に上がることもできると思います。

『Render Mask』
通常イメージの一部分をレンダリングする場合は部分レンダリングをしますが、Render Maskは、特定のマテリアルや特定のオブジェクト、または特定のオブジェクトの組み合わせをレンダリングすることができます。例えば変更したマテリアルの部分だけを簡単にレンダリングできるので大変便利な機能です。

『VRMat』
VRMatはV-Rayのマテリアル定義ファイルです。VRMatの書き出し、読み込みによってどのソフトでも同じV-Rayマテリアルが使用できます。(イメージマップも含みます。)
例えば、MODOのV-RayシーンをMayaへ持っていってもMODOで設定したV-RayマテリアルがMayaでもそのまま使えることを意味します。

その他にも新機能が沢山あります。
と、いうわけでV-Ray 3.0 for Maya プレビューイベントは感動的でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿