2010/01/22

KeyRemap4MacBook

私の使用環境だけの話だと思うのですが、KeyRemap4MacBookで問題解決というお話。
modoのキーコンビネーションは、当然のことながらusキーボードを前提に決められているので、jisキーボードだと不便な部分が多少あります。
例えば、usキーボードでないと使えないパイメニューがあったり。でもこれはキーコンビネーションを変えればいいだけなのでさほど問題ではないのですが、やはりビュー操作に使うoption、control、shiftの位置がusキーボードの方が押しやすいと思います。
そんな訳で、去年からApple Wireless Keyboard (US)を使っています。
このキーボードは大変お気に入りですが、テンキーがないので、Microsoft Bluetooth Number Padを左に置いて使ってます。
左手でテンキー入力することで、マウスから手を離す回数が減るのでモデリングはかなり速くなります。ただし、Microsoft Bluetooth Number Padはすぐにスリープ状態になるのがよくない。
また、私はペンタブレットをキーボードの手前ではなく右に置いて使うので、テンキーのないキーボードの方がペンタブレットが離れなくて使いやすい。
話が少し脱線しましたが、ビュー操作は体が覚えてしまうので一度us配列に慣れてしまうと、jis配列では思うように操作できなくなってしまうのです。
デモやプレゼンなどではMacBook Proを持参しますが、これがjis配列なので困っていました。
しかたなくMacBook Proを使うときもApple Wireless Keyboard (US)も持参してます。
そんなわけで今年はデモの機会も多いので、MacBook Proをus配列に交換しようかなと思ったりもしていましたが、物は試しとKeyRemap4MacBookでキーボードのカスタマイズをしてみました。
このソフトは、特定のアプリケーションだけでリマッピングを有効に出来るので便利。
現状はmodoを使用する場合だけ、commandキーをoptionに、optionキーをcontrolにしています。これで、option、control、shiftキーがus配列と同じ位置関係になるので、違和感なく使えるようになりました。
これでApple Wireless Keyboard (US)を持ち歩かなくて済みそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿