スキップしてメイン コンテンツに移動

HDRE Kit_02

 HDREは、High Dynamic Range Enviromentsの略で、HDRIを使った環境ってことのようです。
HDRIは、ハイダイナミックレンジイメージの略で、32bit画像のことです。
逆に通常の8bit画像は、ローダイナミックレンジイメージでLDRIって言います。
HDRIは、広い色域を持っています。例えばHDRI画像の太陽はモニタでは白に見えますが、画像はもっと明るい情報を持っているので、ライティングに使うには都合がいいわけです。
このように画像を背景に読み込んでライティングに使うことをイメージ・ベースド・ライティング、略してIBLと言います。
このことから、HDREは、HDRIを使ったIBLと言えなくもないでしょう。
IBLの効果として上げられるのは、
1、画像の明るさや色によって放出される光、つまりライティング効果。
2、映り込みの効果。
3、背景としての効果。

一般的には、パノラマのHDRI画像を背景に読み込んでIBLに使用しますので、この3つの効果をすべて一枚のHDRI画像に委ねるわけです。
しかし、実際にはこの3つ効果が必要とする画像サイズやタイプには違いがあります。
まず、ライティングの効果では360度すべてから明るさや色によって光が空間に放出されるので光はかなりミックスされます。したがって、それほど細密な情報は必要がないので画像サイズは小さなものでも問題ないです。
次に映り込みの効果では、クロームメッキのマテリアルや車などのオブジェクトはかなりはっきりと背景が映り込むのでそれなりに高画質な背景画像が必要になります。しかし、そうはいっても背景の一部分が映り込むのではなく、わりと広範囲が映り込むのでそれほど大きな背景画像を必要としません。
最後に背景としての効果ですが、パノラマ画像の一部分が背景として使われます。基本的な考え方として画面に入っている背景の部分の解像度はレンダリングサイズと同じぐらいかそれ以上のサイズが必要になります。

さて、HDRI画像はいろいろと販売されていますが横が6000ピクセル前後のものが多いようです。大きなもので10000ピクセルぐらいでしょうか。パノラマ画像は縦1に対して横2の比率になるので、横6000ピクセルの画像は6000×3000になります。横10000ピクセルの画像は10000×5000になります。
10000×5000もあれば十分な気がしますか?web用画像なら十分でしょうけど、印刷原稿なら解像度不足です。
まず、ライティング効果ですが、10000×5000ではかなりのオーバースペックです。ライティング効果だけなら600×300ぐらいでもほとんどの場合問題ないでしょう。
次に映り込み効果ですが、これも少々オーバースペック。ほとんどの場合10000×5000は必要ないはずです。
最後に背景効果ですが、これが全然足りません。背景として画面に入るのはパノラマ画像の一部分ですので、いくら10000×5000といっても解像度が足らないわけです。
また、映り込み効果と背景効果はHDRI画像でなくてもいいわけです。
このことから最近は、パノラマのHDRI画像と、実際の背景にしようするLDRI画像が数種類がセットになって販売されているものも多くなってきました。

いやぁ〜、悪い癖で話が長くなってきましたがもう少しお付き合いくださいね。

さて肝心のHDRI Kitですが、ただのHDRI画像集ではなく以上のことを踏まえたインテリジェンスな構造を持っています。
プリセットからHDRE Kitのシーンを読み込むと、ライティング用、映り込み用、背景用に最適化された環境が自動的にセットされます。
ライティング、映り込み、背景が別画像なので個々にコントロールできるのもいいですね。
それと、そのシーンに最適化したDirectional Lightもセットされます。
実際に背景としてレンダリングされる画像は350dpi換算でA4サイズぐらいまでは大丈夫です。
もし、パノラマHDRI画像だけでこれだけのクオリティを確保するなら40000×20000以上の画像が必要になるはずです。
前回のHDRE Kitを使った画像がやけに高画質だったのはこういう理由があるわけです。
なんかレビューというより、予備知識的な解説になってしまいましたが次回からはレビュー的な内容にしていくつもりです。
反省!

コメント

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。