スキップしてメイン コンテンツに移動

iPad

うちにもiPadが、昨日やって来ましたよ!
Twitterの情報によると、14:00から配達開始ってことだったんですが、14:10ぐらいにヤマトさんが届けてくれました。
第一印象は、ほぉーけっこう重たいんだぁ。けっこう小さいんだぁ。
第二印象は、画面きれいなぁ。めっちゃ速いなぁ。
第三印象は、スクリーンのキーボード十分使えるなぁ。
第四印象は、iPhone小さいなぁ。(iPadさわってると、iPhoneが小さくて、かわいく見えてくるんです)

iPadは、すごくいいものですよ。
おかげで、今朝はリビングでゆっくりメールチェックとネットチェックができました。
現時点での感想は、画面のきれいさと操作のスムーズさ。
これだけ速いと、どんな用途でもまったくストレスなし。

さて、デジタルオーディオプレイヤーはAppleが先駆者ではなく、それ以前からありましが、あまり普及していませんでした。
ところがiPodの発売によってデジタルオーディオプレイヤーは爆発的に普及しました。
電子書籍も同じくAppleが先駆者ではなく、今までもありましたが、なかなか普及していません。
しかし、今回も同じように電子書籍は、間違いなくiPadによって爆発的に普及するでしょう。

日本では、最近になって電子書籍の対応に大あわてといったところでしょうか。
SONYさんも懲りずに再挑戦。
新しく発売する商品を見る限りでは、、以前の失敗は「時代を先取りしすぎたんだよ」なんて言ってるのが聞こえてきそうですが…。
間違いなく、また失敗するでしょう。


「iPadに限らずAppleの商品はカジュアルでいい。」

コメント

  1. こっちもいじり倒してます思ったより重いですよね
    なんか使ってるとやっぱりtouchとは別物のように思えます
    操作性や反応もそうですが地図アプリの快適なことや
    バッテリーの持ち、写真の見やすさカレンダーの使いやすさ。
    外部マイクもあるみたいでそのままスカイプ使えるのもいい

    この調子だとホントにフラッシュもなくなっていくかもしれませんね。

    返信削除
  2. hataさんど〜も!

    はっきり言ってネットブックなんかは必要ないでしょ。
    hataさんが、おっしゃるとおりバッテリーは十分持つし、カレンダーや地図アプリもメチャクチャ使いやすいし、ネットもパソコンより速い。
    いやぁ〜、iPad最高ですね。

    フラッシュの件ですが、なくなることはないでしょうけど、確実に減っていくと思っていますよ。
    Appleのコンシューマー向けの商品は、トレンドリーダー的な要素が強く、
    iPadで見れないサイトは時代遅れなイメージになりかねないですからね。
    また、これだけ普及すると、やはりフラッシュを表示できないiPadが悪いのではなく、iPadで見れないサイトが悪いという風に世の中も変わってくるでしょう。

    しばらくは、Appleが時代をリードしていく予感がします。
    喜ばしいことなんでしょうけど、これだけコンシューマー向けの商品がヒットすると、どうもプロ向け商品が手薄になっているようで、残念です。
    新しいMac Proはいったい、いつになったら出るんでしょうかね。

    返信削除
  3. 今後の用途の広がりが楽しみですね

    なんか部屋の家電のコントロールをするものらしき
    アプリもでてますね。使えませんでしたが
    http://appshopper.com/lifestyle/iridiumhd

    サブディスプレイにしてる人もいましたね
    http://www.gizmodo.jp/2010/05/air_display_ipad.html

    チュートリアルビデオをiPadで再生させながら
    modoの練習できたら便利そうだなーmp4じゃないから
    無理か

    なんか便利そうなアプリ見つけたら報告します。

    返信削除
  4. hataさん、こんにちは。

    いろいろとおもしろいアプリも出てきそうですね。
    楽しみです。

    それと、チュートリアルビデオにiPad用のデータを付属するのもいいかもしれませんね。(現状のビデオも変換すればiPadで見れますが…)

    今後、検討してみたいと思います。

    返信削除
  5. iRhino3Dてipad版のライノが出てるんですね。
    さすがにデータの表示だけでモデリングはできない
    でしょうが
    あらURLがペースト出来ない。
    ipadからの書き込みでした(笑)

    返信削除
  6. hataさん、こんばんは。
    iRhino3Dが出るんですか?と思って調べたら、App Storeにありました。
    450円だって^^
    ライノのビュアーですね。おもしろい。
    ところで、ライノのMac版をずっと待ってるんですが、なかなか出ないんです。
    とは、言ってもベータ版はかなり前からずっと使ってるんですけどね。

    modoのビュアーのiModoとか作ってくれたらうれしいですが、名前がまぎらわしいよね。

    返信削除
  7. Mac版は正式にはまだでてなかったんですね。
    http://www.irhino3d.com/

    >名前がまぎらわしいよね。
    笑ってしまいました。昔iShadeってあったような記憶が

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。