スキップしてメイン コンテンツに移動

12コアMac Proでmodoのレンダリング ついて

09/17に12コアMac Proでmodo部分レンダリングについて情報を公開しましたが、
その後、Twitterで追加情報を頂きましたので、補足します。

通常のレンダリングに関しては、レンダリングスレッドを「自動」。(デフォルト)
24スレッドでレンダリングされ、パフォーマンスは最大。
現状ではまだ、不都合に遭遇していない。

部分レンダリングは、レンダリングスレッド「自動」では、レンダリングできない。
レンダリングスレッドを32や16に変更。
パフォーマンスは、32の方が高い。
今のところ、レンダリングスレッド32で不都合に遭遇していない。

レンダリングスレッド32においての通常レンダリング。
情報によると、低解像度のレンダリングはレンダリングスレッド32ではできない場合があるとのことです。
私の経験では、レンダリングスレッド32は、高解像度のレンダリングでも途中で落ちることがある。
よって、レンダリングスレッド32での通常レンダリングはおすすめできない。

レンダリングスレッド16は、安定しているようですが、パフォーマンスが低い。

どうやら、modoは多スレッドにあまり最適化されていないような印象を持ってしまう。
と、いうのもAppleのHPのMac Proアプリケーションパフォーマンスにおいても、MaxwellやCinebenchが旧モデルより1.5倍高速なのに対しmodoは1.3倍高速という結果になっているからだ。

とは、言え12コアMac Proのパフォーマンスがすごいのには変わりない。
部分レンダリングでレンダリングスレッドの設定を変えた場合は、必ず「自動」に戻しておくことを忘れないように。

ちなみに昨日は、本番レンダリングをかけて就寝したが、レンダリングスレッドが32のままだったので、朝見たら途中で落ちていた。
ショック!

コメント

  1. 現在私も、Macproのレンダリングでハマっています。
    神殿のシーンをレンダリングしているのですが、GIの影を均一にするために、ウォークスルーモードをしようしているのですが、レンダリング毎にスピードが落ちていくという怪現象に悩まされいます。80Fぐらいで、完全に止まります
    うーん。

    返信削除
  2. ヒビさま、modoとMACで検索して拝見しました。
    一つだけ教えて頂けると参考になるのですが、うちは、初代MACPROなのですが、modo501のプレビュー・レンダラーの表示が遅くて実用的ではないので、現在のRadeon4850から新しいRadeon5770に変えようかどうしようか迷っています。多分古いMACも使っていらっしゃったヒビさんなら、使用感を教えて頂けるのでは、と思いました。どうぞ宜しくお願いします。GOM

    返信削除
  3. こんにちは。
    最近は、GPUで計算されるレンダラーが注目されていますが、
    modoのプレビューレンダラーは、CPUで計算しています。
    ビデオカードを入れ替えてもおそらくあまりプレビューの速さは変わらないと思います。
    プレビューの設定が、「マルチスレッドを使用する」「全スレッドを使用」になっていますか?
    また、レンダー設定を下げてプレビューを速くする工夫が必要かも知れませんね。

    返信削除
  4. そーですかー。CPUですか。しばらく我慢します。
    ちなみにRayGLの方なんですが、これもCPUなんでしょうか?
    プレビューの方は「全スレッドを使用」が外れてました。

    早く普通にサポートが立ち上がって欲しいです。501のアップデータ(日本語)はどうなるのでしょう?・・・GOM

    返信削除
  5. 詳しくはわからないのですが、RayGLはGPUは関係していますが、CPUで計算していると思います。
    modo501のバージョンもルクソロジーでは本日SP2になりました。
    イーフロンティアのサポートはいつになるのか不明。
    ルクソロジーにユーザー登録しておけば、ルクソロジーから最新版をダウンロードできますので、そちらを利用されればいかがでしょうか。
    英語版に日本語リソースを入れるだけで、日本語版として使えますよ。

    返信削除
  6. あ、あ、あ、ありがとうございます〜。
    そーですか、RayGLもCPUですか・・・。

    申し訳ございません。「英語版に日本語リソースを入れる」は
    出来れば、その情報と方法を、Googleのmodo ディスカッショングループとか、modoユーザーグループ大阪のブログとかに、アップして頂けませんでしょうか。
    自分一人が教えてもらうのもなんなんで、、。
    自分はまだ、最初に配布されたプレ版(Build40017)なのですが、パッケージ>contentsの中の何かをコピーして英語版の新しいmodoに入れるとか、何かそんな手順でしょうか。・・・GOM

    返信削除
  7. ヒビさま、ゴメンナサイ、よく見たら既に解説して頂いていました。・・GOM

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。