スキップしてメイン コンテンツに移動

Studio Environment Set 1 from 9b studios

CGのライティングは、大きく分けて2種類の方法があります。
1.エリアライトやスポットライトなどのライトを使ったライティング。
2.ハイダイナミックレンジイメージ(HDRI)やルミナンスを設定したポリゴンを使ったライティング。
実際は、この両方を使ってライティングをすることも少なくないですが…。
どちらの方法もシーンやオブジェクトを照らすことに違いはないのですが、
特徴も異なりますし、使用方法や各種設定も違ってきます。
ちょうど、次回のmodo勉強会では、この辺りの解説を予定しています。

それはさておき、フォトリアルなプロダクトのライティングではリアルスペキュラーを使うことが多いので、2の方法が基本になります。
modoの場合は、EnvironmentsのStudioのプリセットにスタジオのパノラマHDRIが37点収録されています。
そこそこ使えますが、あまりクオリティが高いとは言えないし、バリエーションも少なめ。

このようなスタジオのパノラマHDRIを使ったライティングなら、HDR Light Studioというソフトがリリースされています。http://www.hdrlightstudio.com/
このソフトはmodoと連携ができるのですが、現在はWindows版しかないのが残念です。
簡単に言うと、そのシーンに最適なライティングを作成しHDRIパノラマにしてしまうという、ライティングのスキルがあれば理想的なソフトではありますが、当然ソフトの操作を覚える必要がありますし、コストもかかります。
また、ライティングのスキルがなければ、宝の持ち腐れになりかねないわけですね。

そんな中、LuxologyからStudio Environment Set 1 from 9b studiosがリリースされたのでレビューしてみます。
Studio Environment Set 1は、スタジオのHDRIパノラマのkitです。
このように52種類のパノラマHDRIが収録されています。
プリセットなので、ダブルクリックでシーンに適用できます。
画面内には、各種コントローラーが表示され操作性も優れています。
一番上にある青いボタンでコントローラー表示のオンオフ。
その下の球体には使用しているパノラマHDRIが表示されているので、パノラマの位置関係が非常にわかりやすいです。また、トランスフォームで回転や移動が可能。
その下は順に、パノラマHDRIの明るさの調整、サチュレーションのオンオフ、背景の切り替え、シャドウキャッチャのオンオフとなっています。
さて、肝心のパノラマHDRIの内容ですが、標準的なプロダクトに適したライティングからイメージシーンに使えるライティングまで非常に幅広いバリエーションになっています。
実際にStudio Environment Set 1を使ってレンダリングしてみましたので、ご覧ください。
なお、ライティングにはStudio Environment Set 1のみを使用しています。
これは、ただ読み込んだだけで、全く調整もなしですが、きれいにライティングされていますね。
少し色味のあるパノラマHDRIを選んでみました。空気感を感じるいいライティングです。
パノラマHDRIは回転させていいところを選びました。
イメージ制作にも十分使えます。
比較用に色味の強いパノラマHDRIを選びました。
サチュレーションをオフにすると下の画像のようになります。
サチュレーションのオンオフでかなり違ったイメージになるので、パノラマHDRIの点数以上にバリエーションがあるのがわかると思います。
最後に車もレンダリングしてみました。このパノラマHDRIでは、車のライトの映り込みがきれいに出ているのがわかります。

実際に使ってみて、こんな簡単にここまでクオリティの高いライティングを再現できるのは、本当にすばらしいと思いました。
69ドルと手頃な価格なので、これは絶対買いだと思います。
しかし、誰でも簡単にこんなシーンを制作できると思うと、CGを本業にしている者としましては、危機感を感じますね(笑。

コメント

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。