2011/04/02

luxology.jp

modo日本語ユーザーのアカウントがようやく登録されて、イーフロンティアのマイページからダウンロード可能となった。
しかし、まだ重複して登録されていたりなどおかしな部分も残っているようだ。
現在ダウンロードできるのは、modo501SP2とLuxologyと同じ最新バージョンになっている。
このマイページのデザインは、従来のイーフロンティア製品のマイページと同じ仕様になっているわけだが、非常にわかり辛い。
DL1、DL2、DL3…と記されているがそれが一体なにを差しているのか、マイページを見るだけではわからない。
また、modoのバージョンナンバーがない。
他にShadeなどのイーフロンティア製品を持っている場合は、申し出ることでマイページをまとめることができるらしいが、そんな便利さより不便の方がはるかに大きいと私は思う。
(それにあのマイページかっこわるすぎる。)
modoは、すぐれた3DCGソフトなので日本国内でもっと認知され、普及するべきだと思う。
海外では、すでにILMのデザインチームの採用など、クリエイティブな分野を中心にかなり広まっているようだ。
イーフロンティアに業務移管される際に、「luxology.jp」として運営されることは事前に聞いていたので、国内においての起爆剤になるのではないかとかなり期待していたが…。
また、luxology.jpについては出来る限り本家のluxologyと仕様を合わせてほしいとお願いしてきた。(私がお願いするのもおかしな話だが…。)
実際、luxology.jpのホームページは本家のluxologyのデザインコンセプトが保たれていて満足のいくものだが、「ユーザー登録」をクリックしたとたん、イスから転げ落ちそうになる。

マイページについてもうひとつ。
本家のluxologyでは、modo本体以外に購入したコンテンツやトレーニングビデオもマイアカウントに登録されているわけだが、イーフロンティアで購入したトレーニングビデオは、マイページにちゃんと登録されるのだろうか?

先日、知り合いのカメラマンから連絡があって「日比さんのビデオを購入したいがどこからも購入できない」とのことだった。
実際にイーフロンティアをはじめその他の販売店で購入できない状態が長く続いているようだ。
また、私はトレーニングビデオを3本リリースしている作者でもあるわけだが、その事態に関して一切説明がないのもおかしいのではないだろうか。

実は、modo501をベースにした新しいトレーニングビデオを制作中なのですが、こんな状態ではテンションが上がるはずもなく、現在中断している。
はっきり言わせてもらうと、いつリリースできるのかもわからないものを優先して制作できるほど、私は暇ではないのです。

最後にひとこと国内ユーザーを代表して、日本語マニュルは?

日本語のソフトをインストールすると日本語ヘルプシステムになるようでした。
純粋な日本語版をインストールしていないので気がつきませんでした。
失礼しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿