スキップしてメイン コンテンツに移動

luxology.jp

modo日本語ユーザーのアカウントがようやく登録されて、イーフロンティアのマイページからダウンロード可能となった。
しかし、まだ重複して登録されていたりなどおかしな部分も残っているようだ。
現在ダウンロードできるのは、modo501SP2とLuxologyと同じ最新バージョンになっている。
このマイページのデザインは、従来のイーフロンティア製品のマイページと同じ仕様になっているわけだが、非常にわかり辛い。
DL1、DL2、DL3…と記されているがそれが一体なにを差しているのか、マイページを見るだけではわからない。
また、modoのバージョンナンバーがない。
他にShadeなどのイーフロンティア製品を持っている場合は、申し出ることでマイページをまとめることができるらしいが、そんな便利さより不便の方がはるかに大きいと私は思う。
(それにあのマイページかっこわるすぎる。)
modoは、すぐれた3DCGソフトなので日本国内でもっと認知され、普及するべきだと思う。
海外では、すでにILMのデザインチームの採用など、クリエイティブな分野を中心にかなり広まっているようだ。
イーフロンティアに業務移管される際に、「luxology.jp」として運営されることは事前に聞いていたので、国内においての起爆剤になるのではないかとかなり期待していたが…。
また、luxology.jpについては出来る限り本家のluxologyと仕様を合わせてほしいとお願いしてきた。(私がお願いするのもおかしな話だが…。)
実際、luxology.jpのホームページは本家のluxologyのデザインコンセプトが保たれていて満足のいくものだが、「ユーザー登録」をクリックしたとたん、イスから転げ落ちそうになる。

マイページについてもうひとつ。
本家のluxologyでは、modo本体以外に購入したコンテンツやトレーニングビデオもマイアカウントに登録されているわけだが、イーフロンティアで購入したトレーニングビデオは、マイページにちゃんと登録されるのだろうか?

先日、知り合いのカメラマンから連絡があって「日比さんのビデオを購入したいがどこからも購入できない」とのことだった。
実際にイーフロンティアをはじめその他の販売店で購入できない状態が長く続いているようだ。
また、私はトレーニングビデオを3本リリースしている作者でもあるわけだが、その事態に関して一切説明がないのもおかしいのではないだろうか。

実は、modo501をベースにした新しいトレーニングビデオを制作中なのですが、こんな状態ではテンションが上がるはずもなく、現在中断している。
はっきり言わせてもらうと、いつリリースできるのかもわからないものを優先して制作できるほど、私は暇ではないのです。

最後にひとこと国内ユーザーを代表して、日本語マニュルは?

日本語のソフトをインストールすると日本語ヘルプシステムになるようでした。
純粋な日本語版をインストールしていないので気がつきませんでした。
失礼しました。

コメント

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。