スキップしてメイン コンテンツに移動

luxology.jpについて2

昨日、luxology.jpと題してイーフロンティアの対応について書きましたが、
その後いろいろとご意見を頂きました。
やはり、私と同様の印象を持たれている方は多いようです。
modoユーザーはデザインに敏感な方が多く、あの登録ページ(マイページ)のデザインを見るとすごく残念な気持ちになるようです。
それは、modoの登録ページに限らずイーフロンティアのホームページ全体に言えることだと思います。
イーフロンティアがあつかう物の大半はクリエイティブな商品であるにもかかわらず、あのホームページのデザイン全体からデザインへのこだわりは、まったく感じられない。

少し本題から脱線しそうなので、話を戻しますが…

デザインのことはさておき、すごく疑問に思うことがあります。
modoの登録ページへ行くと、下の方に「ユーザー専用ショップ」というのがあってVueやPoserを購入できるようになっています。
本家luxologyとイーフロンティアがどのような販売代理店契約を交わしているのかは知りませんが、modoの登録ページを使って違うCGソフトを販売するのは、通常であれば許されないことだと思います。
このお粗末な登録ページを本家luxologyは知っているのだろうか?
また、modoのユーザー情報をダイレクトに他のソフトの販促に利用されているのは知っているのだろうか?(ダイレクトにというのは、modoのページを使ってという意味です。)
ユーザーにとってもmodoを購入したのにmodoの登録ページの中で違うソフトを勧められるのは気分のいいものではありません。

とにかく、こんな状態ではホント困ります。
今まで多くの方にmodoを勧めてきましたし、トレーニングビデオも制作してきましたが、ちょっと考えさせられる今日この頃…。

でも、modoユーザーグループOSAKAは元気の活動していきますよ。
modoユーザーグループOSAKAは、luxologyの公認ユーザーグループなんですから。

コメント

  1. 全くその通りだと思います。
    日本人のスタッフさんも居る事ですし(?)、日本語バージョンさえ作ってもらえれば、いっそ代理店なんて無しで「直のみ」で良い気がします。modoを店頭で買う人ってどのくらいいるのですかね。
    日本語マニュアルは欲しいですが、アマゾンで販売してくれればそれで良いですし。
    Vueのサポートも悪くて、Vue7以降は、e-onから直接買ってます。Poserも同じ、そのうちShadeさえベトナムとかに売り飛ばすのでは、。
    投資に対するリターンしか気にしない集団にはクリエイティブなソフトは扱ってほしくないです。不動産屋とか地上げ屋とかそんな風にしか見えない。GOM

    返信削除
  2. こんにちは。
    かなりお怒りのようですね(笑。
    VueやPoserも使われているのなら、またかぁって思われても当然だと思います。

    おそらくイーフロンティアは、ただ単に量販店(販売店)としての意識しか持っていないのでしょうね。
    よく考えると、Shadeの開発メーカーでありながら、手当たり次第に他のCGソフトも販売するなんて、Shadeの開発メーカーという誇りのかけらもない。
    量販店として売るのは結構なことですが、サポートできないんだから、販売代理店にならないでほしいと思います。

    返信削除
  3. 爆怒(笑い)・・そんな言葉無いですね・・。
    いちいち、おっしゃる事は、全くその通り。・・GOM

    返信削除
  4. HIBIさん
    皆様こんにちは。
    わたしもShadeからの乗り換え組なので、まさかまたイーフロと関わる事になろうとは.....
    さっそく別ソフトの販促メールがめっさきてます。
    販促メール停止の手続をとっても関係なくきてます。
    こういうのが原因でmodoユーザーが減少するのは悲しいですね。
    とても良いソフトなのに。

    返信削除
  5. hibiさん
    こんにちは。
    私もshadeからの乗り換え組なので、まさかまたイーフロと関わる事になろうとは....
    早速別ソフトの販促メールがめっさきてます。
    販促メール停止の手続をとっても、おかまい無しにきてます。
    こんなつまらない事が原因でmodoユーザーが離れて行くのはとても悲しいですね。
    とても良いソフトなのに

    返信削除
  6. 大阪・・・・・
    東京でも遠征しに来てください。(懇願)

    返信削除
  7. 近いうちに東京へ遠征の予定ありです。
    正式に決まればアナウンスします。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。