スキップしてメイン コンテンツに移動

CINEMA 4D R13


CINEMA 4D R13が今日MAXONから届きました。
昨日、リリースだったのでなかなか早い対応に感謝。
また、オークさんにV-Ray for C4DのライセンスをR13用に書き換えをお願いしましたが、こちらは、昼過ぎにメールでお願いして夕方には、新しいライセンスが届きました。
オークさんもいつも気合いの入ったサポート、ありがとうございます。

さて、CINEMA 4Dはmodoの前から使っているので使用年月では、modoよりはるかにながいです。
(使用時間では、多分modoの方が多いはず。)
現在、CINEMA 4DはV-Rayでレンダリングするために使っていて、R11で止まっていたので、久しぶりのバージョンアップです。
今回からは、MAXONサービス契約に入ったので今後はずっと最新バージョンを使っていくはず。
ところで、R13ですがモデリングがかなり使いやすくなっています。
回転やスケールにスナップが使えるようになっていますし、modoのアクションセンターまでとはいきませんが、軸ハンドルも自由に設定出来るようになっています。
その他にもダブルクリックで連結されているポリゴンを選択できたり、エレメントの選択範囲を変換できたり…などなど。
(R11.5 とR12は使っていないのですべてR13で搭載された機能かどうかは不明ですが…。)
と、言う訳でR13では、かなりmodoに近い操作が可能になっています。

modo501は、立方体マッピングでバンプを使うとテクスチャが荒れるというバグがあって、
建築関係では、外壁などにバンプマップが使えない状態です。
(UVマップでマッピングすれば大丈夫らしいですが。)
それでは、いろいろと制約も出てきますので、V-Rayの使用率を上げていこうと思っています。

コメント

  1. こんにちは。
    久しぶりにVray関連の記事が見れてうれしいですw

    回転やスケールにスナップできるのはやっぱり大きいですね。
    只今、アップグレード悩み中です・・。私も本当はVrayだけが目当てなので。

    Vray1.2.6は(私の環境では)ライトの単位を切り替えたとき何故か明るさがシンクロしなくなっているので、とりあえず1.2.5使ってます。

    返信削除
  2. J.O.K.E.Rさん、こんにちは。

    これからCINEMA 4DとV-Ray記事も増えると思いますよ。たぶん
    R13はまだ少しさわってみただけですが、modoに出来てCINEMA4Dに出来ないことはほとんどないんじゃないでしょうか。
    (とは言っても複雑な方向の回転や移動、スケールとスナップはやはりmodoしかできないですが。)
    これで、CINEMA 4DとV-Rayは最新バージョンコンビになったので、初心に戻ってがんばります(笑。

    「Vray1.2.6は(私の環境では)ライトの単位を切り替えたとき何故か明るさがシンクロしなくなっているので、とりあえず1.2.5使ってます。」
    >そうなんですか?
    まだ、確認するところまでいってないのですが、調べてみます。

    R11.5とR12でプログラムの書き換えがあったので、R11はこれから対応しないものが増えてきますよ、バージョンアップやっちゃいなぁ〜(笑。

    返信削除
  3. まだR13が届いてないので改善されてるかどうかわからないのですが、C4Dの作業平面オブジェクトは3面図にしたとき反映されない所が使いづらいんですよね。
    V-rayも導入したいのですが先立つものがないので、当分先です。
    やはり標準レンダーよりも設定は楽ですか? C4Dのアドバンスドレンダーはすんなり決まったことがほとんどないです。

    返信削除
  4. charlieさん、こんにちは。
    R13まだ届いてないですかぁ。
    申し込み順に発送みたいですけど、申し込み遅かったですか?
    僕は多分8月のあたまぐらいに申し込みました。

    C4Dの作業平面オブジェクトは3面図にしたとき反映されないというのは、
    作業平面に対しての3面図にならないということですか?
    それならR13も作業平面に連動しないようです。

    「やはり標準レンダーよりも設定は楽ですか?」
    >楽というかやっぱりV-Rayのほうがきれいです。
    なので、結果としては楽かも?
    そら、V-Rayはレンダラーだけで商売してるのできれいで当たり前ですけどね(笑。
    VRAY for C4Dは、うまく融合しているので違和感なく使えるのがいいです。
    C4Dのポテンシャルを判断するにはこのサイトが参考になります。
    http://www.envy-studio.co.uk/products/
    このサイトでは、V-Ray用、Advanced Render用、Maxwell用として同じシーンデータを販売していますが、サンプル画像を比較するとレンダラーの違いがよくわかります。
    この人の技量にもよりますが、傾向としてよい参考にはなるんじゃないでしょうか。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。