スキップしてメイン コンテンツに移動

スティーブ・ジョブズ氏 他界


好まざる現実は、時として突然訪れます。
アップルは前CEOで現会長のスティーブ・ジョブズ氏の死去を発表しました。
享年56歳。私とそれほどの年齢差がありません。
これほどまでに創造の才能を持った人はいたでしょうか。
心からお悔やみ申し上げます。

私は、もしもこの世にMacがなければCGの仕事をしていなかったかもしれない。
いや、していなかっただろう。
それほどまでに、Mac、Apple、スティーブ・ジョブズ氏は私の人生を大きく左右している。
思い起こせば、初めて買ったMacは、Classicだった。
それからColor Classic II 。当時はヴィマージュというビデオカードを入れて、デュアルモニタでインテリアのプラン作成に使ってた。
初めて買ったノートパソコンは、PowerBook 145 だったと思う。そのあと、PowerBook Duo 280c とDuoDock 買って事務所と自宅で同じ環境で仕事出来るようにした。
この頃はすっかりApple信者になってしまい、Newton Message Pad(PDA)やQuickTake 100(多分、一般用のデジタルカメラでは世界初だったと思う)も所有していた。
しかし、その後の数年間は、どんなMacを使っていたのかまったく記憶がない。
ネットで歴代Macを調べてもどれを使っていたのか思い出せない。
それはちょうどMacが低迷していた時期でもあり、私自身もMacに対しての魅力が薄れていたのかもしれない。
再び記憶が蘇ったのは、PowerBook G3 (Bronze Keyboard)からだ。
PowerBook G3は、それほど好きなモデルでもなかったけれど、かなり愛着があった。
それほどよく活用したのだと思う。
その後は、iMac (Flat Panel)とPowerBook G4を使っていた。
おそらく、CGの仕事が増え始めたのはこの頃だと思う。
そしてPower Macintosh G5。20年以上続けたインテリアスタイリストの仕事から完全にCGクリエイターに切り替えたのはこの頃。
Power Macintosh G5から現在のMac Proまで、基本的に見た目が同じグラフィックワークステーションを10台以上使ってきた。さらにMacBook Pro3台ぐらいにMacBook 1台。
仕事の用途とはいえ、個人の利用ではかなり多い方だと思う。

よく、昔の歌を聴くとその当時のことが蘇るというが、私にとってはMacがそんな存在。
オールドMacを見るとそれを使っていた頃のことが走馬灯のように蘇るのだ。

私はこの時代に生き、彼のMacと過ごせたことを光栄に思います。

コメント

  1. こんにちは。
    私も根っからの信者です(笑)
    本当に、彼の創るものをリアルタイムで体験出来たことはとても貴重でしたよね。
    ふと思い出しましたが、昔ライバル関係にあったIBMのロゴを皮肉り、「i」の字の点の部分がリンゴに、縦線の部分が皿になっているポスターなんてのもありましたっけ。

    返信削除
  2. M130さん、
    こんにちは。
    「昔ライバル関係にあったIBMのロゴを皮肉り、「i」の字の点の部分がリンゴに、縦線の部分が皿になっているポスターなんてのもありましたっけ。」
    >それは、知りませんでした。
    おもしろいですね(笑。

    スティーブ・ジョブズ氏の死去は本当に残念ですが、今後のAppleにも期待したいです。
    なんせ、私はMacしか満足に使えないもんで…(笑。

    返信削除
  3. ホントに。
    私もMacしか使えないので、まだまだAppleには頑張って頂きたいです。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。