スキップしてメイン コンテンツに移動

CGやパソコン以外のこともたまには…。

産経新聞の記事によると、大阪府東大阪市の職員約30人の2親等以内の親族(親、子または兄弟姉妹)が生活保護を受給していることがわかったらしい。
また、同市の一般行政職員(平均42・8歳)の平均年収は715万5千円で、担当者は「職員なら必ず一定の収入があり、扶養できる可能性が高い。
という話しらしい。
こういったことはおそらく東大阪市に限ったことではないでしょう。
こんなことされていては、いくら税金があっても足らないわけです。
そもそも、日本の公務員は世界レベルから見て極端に年収が高い。
また、人口一人当たりの公務員数も極端に多いわけです。
それだけ優遇されているにもかかわらず、公務員、官僚などの悪行三昧はとどまることがないですね。
ここからは、私の極端な持論ですが、
公務員も官僚も悪くないと思いますよ。
悪いのは公務員や官僚の親ではないでしょうか。
よく耳にする話しでは、子供の進路について親はこう言うんですよ。
「あんた、公務員になっとき。潰れへんし、首になれへんし、給料もええし、なにより楽でええでぇ!」
(大阪弁ですみません、私的にはこのほうがリアルなもんで。)
または、「しんどかっても、今勉強がんばっといて官僚になってみぃ〜。あと楽やでぇ〜、ええでぇ〜!」
まぁ、こんな感じですわ。
公務員や官僚を批判しながらも、我が子のこととなると手のひら返したように公務員を勧める親に問題があるのではないでしょうか。
晴れて公務員になった子供は親の言っていた通りに楽して儲けているわけです。
(親の言うことをよく聞く素直な子なんですよ)
我が子に公務員を勧めるのは、当たり前ですが悪いことではありません。
しかし、本来はこのように勧めるべきでは、
「公務員は、みんなががんばって働いて納めた税金から給料をもらって働くわけだから、みんなのために一生懸命働かないといけないし、責任も重いので自覚を持たないといけない重要な仕事ですよ。それでも公務員になろうと思うならみんなのためにがんばりなさい。」
こんな感じに親から言われたら、もう少しまともに働くんじゃないでしょうかね。

コメント

  1. 「あんた、CG屋にになっとき。潰れへんし、首になれへんし、給料もええし、なにより楽でええでぇ!」
    日比さん知ってる親なら、たぶんこう言うでしょうね。
    「しんどかっても、CGの勉強がんばっといてCG屋になってみぃ〜。あと楽やでぇ〜、ウニのメガ軍艦巻き食べ放題やでぇ〜!」

    返信削除
  2. たまにはってことで、CG以外のことを書いたのですが、結局CGの話しに戻るわけですね(笑。
    まぁ、たぶんCGの勉強やってもCG屋で成功しないと思いますよ。^^
    ウニ? 最近行ってないなぁ〜。そろそろ行かなきゃ!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。