2012/09/03

MacBook Air 11inch

打ち合わせでCGソフトを使う場合はMacBook Pro、それ以外はiPad。
そんなシンプルな使い分けをしていましたが、iPadは画像を見せる程度ならいいんですが、iOSの限界を感じることもしばしば。
当然、CGのデータを開けないわけだし、Keynoteなども一部制限があって完全には互換性がありません。
また、iPadじゃ開けない添付ファイルが来たりもしますしね。
さらに資料をiPad用に用意しなければいけないことも多いので面倒。
忙しいときは、iPadにあれ入れて、これ入れてってやっている時間がもったいない。

スケジュールやメールの確認程度ならiPhoneでも出来るわけだし、iPadのよさをあまり感じない。
(リビングでソファーにもたれてネットを見たりは最高なんですけどね。)
やはり、Mac OSじゃなきゃなぁと前から感じていましたので、iPadは2代目、3代目はスルーしています。
そんなわけで、いつもMacBook Proを持ち歩くのも辛いし、iPadぐらいの手軽さで持ち運び出来るMacBook Air 11inchを選んだわけです。

2.0GHzデュアルコアIntel Core i7とメモリ8GBにアップグレードしたのは、簡単なCGの操作ぐらいは出来るように。
とりあえずmodoだけは入れますよ。
modoは解像度が低くてもそれなり操作できます。
アップルストア心斎橋のデモなんてもっと低い解像度でデモやっていましたしね(笑。
フラッシュストレージは128GBのままです。あまり容量は必要と思いません。
メイン機じゃないし、あまりなんでもかんでも入れるのは好きじゃないし。
Mac ProのSSDでさえ256GB中80GBぐらいしか使っていません。
音楽、画像、Final cut pro Xの編集データが入った状態で80GBなので、それらをのぞくと50GBぐらいじゃないかな。
(Mac Proには、データ用に1TBのハードディスク2つ入ってますが。)

それにMountain Lion にしてからiCloudの便利さも実感できるようになりました。
複数のマシンで共通して使うものはiCloudにアップしています。
iCloudってAppleのアプリにだけに対応しているものだと思っていたのですが、そうじゃないんですね。最近はPixelmatorなんかもiCloud対応になっていますし、どんどんiCloud対応ソフトが増えると大変便利だと思います。
また、他に契約しているクラウドサーバーもありますし、ネットさえあればマシン自体にあまりデータを入れておく必要がないように思います。

それから、Macのセットアップは楽ですよね。
はじめにApple ID入れるだけでOK。
あとは、あっと言う間に他のマシンと同じ状態になりますもんね。
メール、アドレス、スケジュール、メモ、リマインダー、それからSafariのブックマークまですべてiCloudでリンクされています。^^

0 件のコメント:

コメントを投稿