スキップしてメイン コンテンツに移動

modo実践チュートリアルビデオ デザイナーズハウス編



modo実践チュートリアルビデオ デザイナーズハウス編がリリースになりました。
第4作目となる今回は、ミース・ファン・デル・ローエの(Ludwig Mies van der Rohe)のファンズワース邸(FarnsworthHouse)を題材にモデリングを学習するビデオになっています。

詳しくはこちら。http://www.luxology.jp/modo/designershouse.html

僕が常々思うのは、チュートリアル本でもチュートリアルビデオでもその題材を手順通りに作成できてもあまり意味がないということです。
ビデオの題材は完成させることが出来ても、いざ自分で何かを作成しようとすると、うまく作成出来ないということはよくあると思います。
要するにビデオで学んだ操作をうまく自分の制作に応用できていないわけですね。
しかし、応用すると言っても自分が作成しようとしている部分がビデオで学んだ操作に適しているとは限らないわけです。
また、その操作が適しているかどうかは、その部分で使える操作を数種類知っていてこそ適しているかどうかの判断がつくわけなので、一つの操作しか思いつかなければ適しているかどうかなんてわかりません。

僕はモデリングのスキルには2種類あると思います。
難しい機能をしっかりと理解しているのは、高いスキル。これは縦方向のスキルになります。
それとは別にいろんな機能や使い方を理解しているのが幅広いスキル。これは横方向のスキルになります。
まずは、幅広いスキルを目指してください。
何事も視野を広く持った方がいいのです。

だから、いろんな操作方法を身につけてください。
そして、「なぜそうするのか?」などその操作の本質を理解してください。

そういう想いから、modo実践チュートリアルビデオ デザイナーズハウス編では、同じような部分でも操作方法を変えています。
また、その操作の意味を理解して頂きたい部分には、新しい試みとしてビデオの途中に数カ所ワンポイントアドバイスを入れました。

このビデオは、初心者の方でもわかりやすい内容になっていますが、初心者対象というわけではありません。
中、上級者の方でも「こんな操作方法もあるのか」と気づく部分はたくさんあるはずです。
また、途中からは実際に僕が使用しているカスタマイズも少し紹介してそのカスタマイズで操作していますのでご参考にしていただければと思います。

コメント

  1. 初めましてHIBIさん。この記事は本当に私の心に響いきました。
    私はC4Dを独学で勉強しチュートリアルを見て、数々のチュートリアルを作成してきました。意味もわからず数値を入力し作成の日々、成長しているかどうか判断出来るものがないぶん不安だらけでした。
    「操作の本質を理解する」本当に重要なことだと思います。一つ一つ理解していきながらの方が努力を続けられる方法なんだと思います。
    まだまだ新米ディレクターですが、大阪で巡り合えるよう頑張ります!。これからもブログ楽しみにしています。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

MODO11にバージョンアップそして問題発覚!

MODO 11にバージョンアップしました。MODO 10は飛ばしたので久しぶりにバージョンアップになります。MODO 902の機能には満足していたのですが、レンダリングのスレッド数に制限があってうちの88スレッドマシンでは44スレッドしか回らないという不都合もあったし今回はバージョンアップすることにしました。
おかげさまで無事88スレッドでレンダリングすることができましたが…

ん〜?なんか遅い。
サンプルファイルの9Spheresでレンダリングしてみると44スレッドのMODO 902より遅い。
そこで、自動レンダリングスレッドオフにして幾つかのスレッド数でレンダリングしてみました。
結果は、
24スレッドが32.3秒
36スレッドが28.9秒
44スレッドが28.0秒
64スレッドが37.4秒
88スレッドが32.4秒
でした。
44スレッドの28秒が一番速くて64スレッドの37.4秒が一番遅い。
これじゃ、MODO 11にバージョンアップした意味ないじゃん。
それにMODOはネットワークレンダリングもかなり遅いし、打つ手なし!
まぁ、今はMODOでレンダリングすることはないんだけどね、以前のデータを速くレンダリング出来ればいいかなと思った程度なので、あまり気にしないことにしよう。