2013/03/27

Bitcasa

去年の4月は、マカオに行って来ましたが今年の4月はシンガポールに行きます。
もちろん、宿泊はマリーナベイサンズです。
まぁ、そんなことはどうでもいいのですが長期外出中にも仕事の連絡は当然あります。
急ぎのCG制作はまずないのですが、急に画像データを印刷会社やデザイン会社などに送らなければいけないことはよくあるのです。
実際、マカオへ行っている時も画像を送らなければいけなくなったのですが、帰国前でしたので、少し待ってもらいました。

最近は、日帰りでない場合は必ずMacBook ProまたはMacBook Airを持って出かけますので、進行中の案件であればすぐに対応可能です。
MacBook Airにもmodoは入っていますので、CGの作業も一応は出来ます。
しかし、数年前のデータが必要になることもあるんです。
その場合の対応に以前から悩んでいました。
まず選択はハードディスクにデータを入れて持ち運ぶか、クラウドサーバーを利用するか?
ハードディスクは荷物になるしパス!
では、サーバー選びですが、現在使用しているのは、iCloudとDropboxとMacServerとSugarSyncとPogoplugと結構な数を使っています。
使い分けとしては、AppleのアプリのデータはすべてiCloud、やはり一番自然に使えます。
仕事のデータを送るのはMacServer、一番速いですしMacとの相性も抜群ですし一番信頼できます。でも値段が高い。
SugarSyncとPogoplugはテスト使用ぐらいの感じで、Dropboxは、MacBook ProもMacBook AirもSSDであまり容量がないので不向き。最近はほとんど使っていません。
また、Pogoplugは容量無制限プランもありますが、なんだか使いにくい印象。
前置きが長くなりましたが、そんなわけで少し前から話題になっている激安容量無制限のBitcasaを使ってみることにしました。
正直、こういうのってあまり信用できないのですが、すべて別にバックアップできているデータを置くので問題ないでしょ。
また、もしも何かの災害で自宅保管のデータが消滅しても助かりますしね。

0 件のコメント:

コメントを投稿