スキップしてメイン コンテンツに移動

Bitmap2Materialってなんやねん!の話。

Bitmap2MaterialとSubstancePlayerとSubstance for MODO 701の機能と関係がわからないという方が多いので簡単に解説してみます。
これらについては、私も誤解していた部分もありますし、今回の解説も間違っている部分があるかも知れません。
もし間違いがございましたら、ご指摘ください。

Bitmap2Materialは、テクスチャ画像からスペキュラーマップ、ノーマルマップ、バンプマップ、その他マップを自動で生成することができます。また、シームレスなタイリングマテリアルを生成することもできますし、その他色々多機能です。
機能については、今回は説明しませんので、Luxolgyやallegorithmicのホームページでご確認ください。

まず、Bitmap2Materialを一般的なソフトウェアと思うと誤解してしまいます。
Bitmap2Materialは、SubstancePlayer上またはSubstance for MODO 701上でBitmap2Materialを使うためのファイルみたいなものと思ってください。
この画面は、SubstancePlayerです。
Bitmap2Materialではありません。
SubstancePlayerで、Bitmap2Material_2.sbsarを開きます(読み込みます)
このBitmap2Material_2.sbsarがBitmap2Materialを使うためのファイル(キー)のようなものです。

Bitmap2Material_2.sbsarを開くとこのような画面になってBitmap2Materialがスタンバイ状態になりますので、Drop a bitmap hereに使いたいテクスチャー画像をドラッグアンドドロップします。
テクスチャー画像をドラッグアンドドロップした時点で、スペキュラーマップ、ノーマルマップ、バンプマップ、その他マップが自動で生成され、各種マップを調整することができます。
各種マップは、ワンアクションで書き出せます。
これが、Bitmap2MaterialをSubstancePlayerで使う方法です。
マップを書き出すので、どんなCGソフトにも読み込んで使用できます。
ただし、この場合だと9枚のマップを読み込む必要がありますし、問題があればもう一度SubstancePlayerでBitmap2Materialを使って再調整しなくてはいけません。
手間がかかりますし、邪魔臭い!
でもSubstancePlayerはよく出来ていて見やすいし操作もしやすいというメリットもあります。
ここから、Substance for MODO 701の話。
 MODO 701を使用していればLuxolgyからSubstance for MODO 701を無料でダウンロードできます。
MODO701のメニューバーのテクスチャからSubstanceのOpen A SubstanceからBitmap2Material_2.sbsarを開きます。
これで、Bitmap2MaterialをSubstance for MODO 701で使う準備ができました。
次に使いたいテクスチャー画像をMODO701のクリップに読み込みます。
読み込んだテクスチャーの下にマップがありますが、これはテンプレートのようなもので、空のマップです。
アイテムリストのBitmap2Material 2を選択してSubstanceのプロパティのBitmap_Diffuseで読み込んだテクスチャーを選択します。
そうすると、SubstancePlayerと同じようにスペキュラーマップ、ノーマルマップ、バンプマップ、その他マップが自動で生成されます。

MODO701内で各種マップの調整がリアルタイムで可能になります。

Substance for MODO 701でBitmap2Material を使うことで、マップを読み込む手間がは省けますし、MODO701内でマップの調整ができ作業がMODO701だけで完結できるので、大変便利です。
また、プレビューを見てシーン上で効果を確認できるわけですから、調整しやすいかもしれませんね。

まとめ
Bitmap2Materialは一般的なUIを持ったソフトウェアではない。
SubstancePlayer=Bitmap2Materialと勘違いしないこと。
SubstancePlayerはBitmap2Materialの汎用ビュワー的なもの。
MODO701は、Substance for MODO 701でBitmap2Material を使うことができる。

コメント

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。