スキップしてメイン コンテンツに移動

Maxwell Render 3.0 活用セミナーその2

Maxwell Render 3.0 活用セミナー申し込まれましたか?
講演の順番が少し変更になりました。
1、ステラジアン様(物理ベースを基本とした制作パイプライン構)

2、日比(クリエイター目線でMaxwell Renderについて解説させていただきます。)

3、大伸社様(社内CGチームの事例・実績についてご紹介。)

4、日比(主にMODOからMaxwell Renderのワークフローをデモンストレーションします。)

このようなスケジュールの予定ですので、私は2回登壇することになります。

では、Maxwell Renderについて少しお話…。
Maxwell Renderはなぜレンダラーではないのか?
理由は簡単です。
レンダリング設定がないからです。
Maxwell Renderはアンバイアスなので、当然ですがイラディアンスキャッシュなどバイアスの設定がありません。(アーティファクトに悩まされることはありません。)
また、プログレッシブレンダリングなので、アンチエイジングの設定もありません。
さらに物理ベースなので、反射回数、屈折回数、間接光の反射回数などもありません。

レンダリング設定がないと言うことは、設定に悩む必要がないので時間短縮になります。
また、レンダリング設定によるレンダリングの失敗がないわけです。

また、面白い使い方としては、
MODOでレンダリングする時に、そのシーンの場合にどのような光感がリアリティがあるのか迷う場合があります。
そんな時は、Maxwell Renderのプレビュー(Fire)で確認して参考にします。
例えば実際の写真があれば、それをまねることはそれほど難しくないじゃないですか。
それと同じようにMaxwell Renderのプレビューを見ることで、ライティングの方向性を見出すことができるわけです。
そんなわけで、他のレンダラーでレンダリングする場合でもMaxwell Renderは利用価値があります。
ただし、Maxwell Renderのプレビューを見てしまうと、こりゃMaxwell Renderでないと無理だわと思ってしまうことも多いですけど。

コメント

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。