スキップしてメイン コンテンツに移動

物理的アプローチと物理ベースのアプローチ

昨日はMaxwell Render 3.0 活用セミナーで登壇してきましたが、
今回のセミナーはいろんな意味で大変勉強になりました。
Maxwell Renderのセミナーではありましたが、CG全般の話も多く面白いセミナーでしたよ。
私には、Maxwell Renderを解説する役割もあったわけですが、Maxwell Renderの物理的に正しいアプローチを説明するためには、比較として一般的なレンダラーの物理的に正しくないことを引き合いに出すことになりますので、Maxwell Render以外のマテリアル、ライティング、レンダリングの問題点もわかっていただけたのではないかと思います。
ただ、マテリアル、ライティング、レンダリングの問題点をお話するにとどまったので、本当は問題の解決方法もお話できればもっとよかったのだとは思いますが、
そこんとこは、Maxwell Renderのセミナーですのでお許しを…。

Maxwell Renderは、シュミレーターですので物理的アプローチでセッティングしていくわけですが、大半のCGソフト、レンダラーは物理的に正しくなので物理的アプローチはできませんし、無理矢理物理的アプローチをしようとするといい結果が出ません。
それは、大半のCGソフトは物理的アプローチを受け入れる仕組みになっていないからです。
ですから、物理現象を基本的な考えとして、うまくCGソフトへ落とし込んであげる必要があるのです。
これからは、そのことを物理ベースのアプローチと呼ぶことにします。
レンダラーに対しては、正しく物理ベースのアプローチをして上げることが凄く重要です。
正しい物理ベースのアプローチが出来れば、どのレンダラーでも同じようなレンダリングは出来ます。
ただし、昨日もお話しましたが一般的なレンダラーとMaxwell Renderとは決定的な違いがありますので、Maxwell Renderのようなフォトリアルを求めるのは基本的には不可能です。
(昨日は不可能な部分の解決法もほんのちらっと言いましたよ。)
うん、それも物理ベースのアプローチだな。

もうひとネタふたネタ書きたいこともありますので、仕事でいっぱいいっぱいになっていなければ明日にでも更新します。

コメント

  1. Maxwell Renderのセミナーに参加させて頂きました。

    3Dは趣味でやっているので身の回りに相談出来る人は居りませんし、ましてMaxwell Renderとなると更に稀なので、自分以外の人が操っている所を見るのすら初めてでした。

    そんな環境なので、普段考えていることや方向性が合っているのか間違っているのか判らずモヤモヤとすることも多かったのですが、様々なお話を聞かせて頂いて、今まで点在していた疑問が線で繋がった様な感覚を覚えました。

    そして何よりMaxwell Renderがもっと好きになれましたし、ちょっとしたトラブルのおかげで?日比さんのお話もプラスα聴くことが出来て良かったです。

    この度はお疲れさまでした、
    またこうした機会がありましたら是非参加させて頂きます。

    返信削除
  2. M130さん、こんにちは。
    セミナーご参加ありがとうございました。
    このようなコメントを頂くと非常にやりがいを感じます、
    今後もセミナーの機会はあると思いますので、そのときは是非ご参加ください。
    では、これからもよろしくお願いします。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。