スキップしてメイン コンテンツに移動

SLIK:Studio Lighting and Illumination Kit_04

昨日、アップルストア心斎橋modoの定期セミナーは、沢山の方に来て頂き無事に終了しました。
また、セミナー後はユーザークラブ懇親会も行いました。
これからの活動内容なども話し合い、今後は勉強会なども行う予定です。
さて、SLIKの紹介も4回目になりましたが、ライトなどの機材の解説は前回で終了として、今回はシーンについて説明してみたいと思います。
SLIKのパレットのScenesタブをクリックすると、シーンの選択画面になります。
大小24のセッティングされたシーンがプリセットされており、セッティングの状態を俯瞰で確認することもできます。
小さいiのマークをクリックするとセッティング画面が拡大されます。
まず、検証用にMedium Scale Scene 5を読み込んでみます。
本当にスタジオの臨場感があっておもしろいですね。
また、24もシーンがあるのでライティングの勉強にもなるんじゃないでしょうか。
次に、検証用にプリセットにあるアルファロメオを読み込んでみたいと思います。
「このテーブルセッティングに車はデカすぎるやろ!」と、つっこまれそうですが現実は無理でも、なんせCGなわけですから15%に縮小してミニカーにしちゃいます。
レンダリングした画像はこんな感じです。細かい調整などはほとんどおこなっていませんので、いい画像とは言えませんが目的は検証なので・・・。でも、まずまずといったところでしょうか。
昨日もこんな感じでSLIKのデモをしたのですが、デモで使用しているのはMacBook Proですので、シーンのハンドリングはやはり重いですね。そこがネックかなぁ。
そこでシーンには、なんとパノラマ画像をレンダリングするカメラも仕込まれているので、HDRIで出力してIBLで使うことも出来ます。と、言うかそれも前提としたシーンなわけです。
実は24のシーンをHDRIにした画像がこんな感じで付属しています。

それならばということで、このMedium Scale Scene 5のHDRI画像を新たなシーンに背景として読み込みレンダリングしてみました。
完全にはアングルを合わせていないので、全く同じとまではいきませんがほぼ同じようなライティングになっているのはわかってもらえると思います。(映り込みはかなり近いレベルまで合わせることはできると思いますが、室内の明るさがかなり違うのと、手前ボディの色の出方が少し違います。そのあたりも調整は可能かな。)
さて、シーンの中には直接光でライティングされているものもあるので、そのようなシーンのHDRI画像では同じライティング効果が出せるとは思えませんが、映り込みはまず同じになると思いますし、さらに、HDRIのライティングにライトをプラスすることで、オリジナルのシーン以上の効果を出せる場合もあるはずです。
ですから、自分でライティングしたシーンもHDRI画像をレンダリングして保存しておくべきだと思います。
さらに衝撃の検証結果が・・・。
先ほどのアルファロメオのレンダリング時間ですが、
シーン内にアルファロメオを置いてレンダリングした場合が、3分25秒。
HDRIを背景にしてアルファロメオをレンダリングした場合が、24秒。
当然どちらも同じサイズで同じ設定。違いといえばHDRIを使用している方には影を落とすためにシャドウキャッチャーを使っています。
ちなみにレンダリングマシンは、初代Mac Proの3GHzの8コア。
いやぁ〜、HDRIでレンダリングした方が速いというのは想像していましたが、ここまで違うとは思いませんでしたよ。
ね、HDRI画像をレンダリングして保存しておくべきでしょ。
はい、今日はここまでだけど、この結果を踏まえてSLIKのワークフローで思いついたアイデアがあるので、検証してみて実用的ならブログに書こうと思っています。

コメント

  1. さっそく拝見させて頂きました!
    こんなにもレンダリング時間に差が出るということ知りませんでした!
    これは驚きですね。
    HDRIでのシーン書出しを自分でもいろいろと実験をしてみたいと思います、
    有り難うございました!

    返信削除
  2. twit109さん、こんばんわ。
    私もここまでレンダリング時間に差が出るとは、思いませんでした。
    ここまで差が出るなら、よーし、やってやろうじゃないかと、新しいアイデアをねっています。
    うまくいきそうなら、また公開しますので・・・。

    返信削除
  3. 昨日のセミナーではお世話になり有難うございました。

    今回はユーザークラブ懇親会へも参加でき、様々な分野の凄いプロの方々と知り合えて良かったです。

    どうにか終電にも間に合いました。
    本当に時間がすぐに過ぎてしまいますねぇ。

    これからも時間の許す限りセミナー等参加したいと思いますので宜しくお願いします。

    返信削除
  4. kzoさん、昨日はお疲れさまでした。
    いろんな分野の方がいて楽しいですし、私もいろいろ勉強になります。

    ついつい話し込んでしまい、終電の時間も忘れてしまいます。と、言っても私は歩いて帰るので終電時間は関係ないんですけどね(笑。

    これからもよろしくお願いします。
    そうそう一度、左手マウスの技もみせてもらわなきゃ。

    返信削除
  5. HIBI様
    はじめまして。
    最近ちょくちょく趣味でmodoを扱ってるんですが、
    こちらのプラグインはどうやったら購入する事ができるのでしょうか??

    HIBIさんの記事を読みとても欲しくなってしまいまして。
    お忙しい中だとは思いますが、よろしくお願いいたします。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。