スキップしてメイン コンテンツに移動

クラッシュログを送ろう

本日、Luxologyからmodo501SP2 r2がリリースされました。
これは、modo501SP2の修正版になっています。(ビルド番号41483)
日本語版はイーフロンティアからリリースされる予定です。
私はMac版Cocoaバージョンでの使用ですが、SP2より安定性は高いと感じています。

さて、ソフトウエアは高機能、多機能であって欲しいわけですが、それ以上に安定性は重要だと思います。
高機能、多機能であってもクラッシュするようでは、使いものになりません。
しかし、高機能、多機能になるにつれてプログラムは複雑化しクラッシュする要素も増えてくる訳です。
クラッシュする条件がはっきりとしているものは、比較的修正もしやすいですが、クラッシュする条件が不確定なものは修正が難しいのです。
例えば、最近車から異音が聞こえるので修理に持っていったら、そんなときに限って異音が鳴らないということはよくあります。
車屋さんには決まって「症状が出てから持ってきてください」なんて言われます。
症状がはっきりしないと原因を追及できないわけですね。

コンピューターの場合は原因がわからないクラッシュであっても、コンピューター自身がその時の状況を保存してくれています。
クラッシュの原因が直接保存されているものではありませんが、原因を追及するための重要なヒントになります。
当然、Luxologyのスタッフ、一部のユーザーでテストは行っていますが、マシンの種類や使用方法など使用条件は無数にあるので、完璧にバグフィックスをすることは不可能です。

そこで、Luxologyのプログラマーである田崎さんのブログにMac版でのLuxologyへのクラッシュログの送信方法が説明されています。
クラッシュログを積極的に送信することは、modoの安定性という形で必ず自分に帰ってきます。
こちらを参考に是非modoの品質向上に協力しましょう。
Luxologyのプログラマー田崎さんのブログ「Life with modo」
http://lifewithmodo.blogspot.com/2011/04/modo-501-sp2-r2.html

コメント

  1. hibiさん、いつもお世話になります。ありがとうございます。

    返信削除
  2. tazee様

    こちらこそお忙しい中、いつもご指導頂きまして、ありがとうございます。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

数値入力

地味な話ばかり続きますが、仕事する上で大切な部分でもありますので、もうしばらくお付き合いをよろしく!
例えばオブジェクトまたはエレメントを移動する場合に決まった数値分移動すること
もあれば、移動してその移動距離を取得したいこともあります。
MODOやCINEMA4Dはマニピュレータを移動させると、マニピュレータの近くに移動した数値が表示されるので、どれだけ移動したかわかります。またMODOは移動のトランスフォームの項目でもわかります。MODOはほとんどのツールに数値が表示されるし、数値を制御できるので、大変便利だと思います。
MAYAはマニピュレータを移動すると移動した数値を表示する機能は基本的には多分ありません。しかしユニバーサルマニピュレータだけは移動量だけではなくオブジェクトのサイズも表示されます。また表示されている数値を変更するとその数値分移動、サイズ、回転します。マニピュレータのハンドルをクリックすると数値入力フィールドが出てきます。

すごく多機能で「大したことできそう」感が漂いますが、オブジェクトのバウンディングボックスに対しての操作だけなので大したことはできません。あまり使われていないからか、MAYA2015はシェルフにあったはずですが、MAYA2016ではメニューからしかアクセスできまん。
ではMAYAで移動した距離を取得する方法は?と一瞬考えましたがこれぐらいのことなら少し調べればmelで書けます。とにかくどこかに表示できればいいわけですしね。とは言ってもそんなことしている暇もないので、現状はスクリプトエディタに表示されるコマンドから移動距離を確認しています。

(はい、mel書かなくても表示できちゃいました。)
さて、次に移動させる数値がわかっている場合はマニピュレータで移動するよりは即数値入力が一番手っ取り早いわけです。MODOはWキーで移動ツールを起動して数値を入力してspaceキーまたはQキーで移動ツールを解除という流れになりますが、以前からこれ結構面倒な手順だなと思っております。
MAYAは数値入力で移動するにはステータスラインにある入力ラインが手っ取り早いです。

ハイパーシェードのアイコンの横にありますが、多分デフォルトでは畳んでありますので、ひっそり感はマックスです!また、見た目もかなり「大したことできなそう」です。
左にアイコンがあ…

照明器具きらきらテスト

裸体がページのトップに居座っているのもどうかと思うので、
ブログを更新して裸体を下へ作戦!

撮影でこういうキラッとした感じはレンズにクロスフィルターを付けて撮るわけです。
CGでは、Photoshopとかで加工するのが一般的なんでしょうけど、
トレーニングビデオなんだし、ひとつのアイデアとして、
modoで照明器具のキラキラを出してみました。

Redshift Render買いました。

GPUレンダラーは少なからず色々と機能に制限もありますし、個人的にはあまり評価していなかったのですが、近々モバイルワークステーションを導入するので主にそれ用ということでRedshift Render買いました。 購入予定のモバイルワークステーションのGPUはP5000なのでそこそこ使えるんじゃないかと思います。またThunderbolt3の外付けBoxにGPUカードを追加してデュアルGPUの運用も視野に入れています。
最近はGPUレンダラーも増えてきました。大半はアンバイアスレンダラーですが、Redshift Renderはバイアスレンダラーになっています。
例えて言うならV-RayをそのままGPUレンダラーにしたようなレンダラーなので、アンバイアスレンダラーよりかなり速いです。一見複雑な設定ではありますが、V-Rayを使い慣れている人ならそのスキルをそのまま応用できます。機能的にもV-Rayに負けず劣らずで使い易いレンダラーではないかと思います。