2012/04/15

体験によって得られるもの

昨晩はマカオから帰国し、録画してあった「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観ました。
マカオの話しの続きかと思いきや、突然実写版宇宙戦艦ヤマトの話……?。
関係なさそうではありますが、僕にとっては大いに関係があるわけです。
では、その話しを続けましょう(笑。
かなり評判の悪い映画ではありますが、VFX部分に関して技術的には悪くないと思いますよ。
しかし、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に限らず日本のVFXは、スケールが小さく重量感がなさすぎる。
これは、僕らも陥りやすい問題だと思うのです。
CG制作は緻密な部分が多いので、どうしてもそういう部分に細心の注意を払います。
そうすると、どうしてもこじんまりとまとまってしまう傾向にあるわけです。
また、忙しいと時間も限られるので必要な資料はネットの画像検索で済ませてしまうことも少なくありません。
ところが、実際に自分が体験していないものを表現するには限界があるのです。

たまには、日常生活から飛び出してスケールの大きなものを実際に観て体験してみることも非常に重要です。
そして、こじんまりとまとまってしまう傾向をリセット、体験によって得られたもをビジュアルに反映。

はい、そんな理由からマカオに行ってきたわけです。
これからも時間があれば、いろんなところへ行ってみたいと思います。
マカオもまた行きます、負けたお金取り戻しに…(笑。


3 件のコメント:

  1. 僕も見ました。やっぱスケール感ないのと主砲とかの動きが早すぎて軽いんですよね。戦闘機もなんだか虫が飛んでるような動き、コスモスゼロがバルキリーなみに変形した時は笑ってしまいました。しかし先日みた紅の豚でポルコがエンジンのクランク回すときの重量感や飛行機の飛び方はやっぱすごいなーと

    返信削除
  2. Hataさん、こんにちは。
    まぁ、ヤマトに限らず日本のVFXは、スケール感や重量感にかけるものが多いと思います。
    それからヤマトですごく気になったのは、戦艦内のセットのチープさ!
    おそらく鉄骨の部分なども木工なんだと思いますが、溶接のディテールもないし、ビスやボルトも少ない。
    バラエティTVのコントのセットの延長にしか見えない感じです。
    映画のセットとはとても思えないクオリティですよね。
    現場のみなさんはやれば出来ると思いますが、すべてはこんなのでOK出す監督の質の問題でしょ(笑。

    返信削除
  3. そうそう思いました。セットがチープだと演技もそう見えてしまう。いい役者さんばかりなのに
    みんなでコントやってるような・・・結構爆笑してしまいました。
    ワープもなんか気軽に使ってたから壮大な距離がぜんぜん感じられなかった。
    2199のほうがCGがよくなじんでて期待できそうな
    http://www.youtube.com/watch?v=YvMqnFLaz3Y

    返信削除